トップ > 安全な寒剤利用

安全な寒剤の利用法

はじめに

低温科学研究で使う、液体ヘリウムや液体窒素は、使用条件により高圧ガスとなり得ます 特に液体ヘリウムの製造、液体窒素のセルファーへの汲み入れは、高圧ガス保安法によって 規制される行為となります

これと同時に、低温寒剤を扱う時には、
  (1) 寒剤、または寒剤供給ラインへの直接的、間接的接触による低温やけど
  (2) 蒸発ガスによる室内の酸素不足
  (3) 密閉状態、又は急な温度上昇による容器・装置の破裂
といった注意が必要です。

テキスト

寒剤を使用する際の基本知識、容器、安全策、くみ出し法等について紹介した極低温科学センター オリジナルテキスト「低温寒剤の取り扱いと危険防止」を平成13年度より作成いたしました(下記よりダウンロード可)。 低温寒剤を始めて使用される方やまだあまりなれていない方の事前勉強のため、または各部局での安全教育のテキストとして自由に お使いいただければ幸いです。

  「低温寒剤の取り使いと危険防止(テキスト)」(pdf)


高圧ガス保安法と低温寒剤利用の係わりについて

金属材料研究所では毎年開催される低温技術講習会(低温・高圧ガス安全教育)において、 下記の資料を使って高圧保安法を紹介しております。

  「金属材料研究所内低温技術講習会用レジメ」(pdf)

レジメの内容
  (1) 高圧保安法の目的
  (2) 高圧ガスの法的定義と低温寒剤
  (3) 高圧ガスの製造行為と低温および高圧実験
  (4) 容器検査
  (5) その他関連事項
  (6) 寒剤利用の諸注意



ページトップに戻る